使用頻度

育毛シャンプーの使い方に関して

ここ数年育毛シャンプーへの注目が高まっています。
シャンプーを変えることで、薄毛に悩む人はもちろんのこと、将来薄毛にならないための予防としても使用する人が増えています。

初めて育毛シャンプーを使用する人は、まず正しい使い方を理解してから使用することが重要です。
勘違いなどをしていると、間違った使用方法をしてしまう場合があります。
育毛シャンプーの特徴を理解してから使用しましょう。

それではどのような点に気をつければいいのでしょうか。
最初に育毛シャンプーの特徴を知っておきましょう。
一般的なシャンプーを育毛シャンプーの一番の違いは泡立ちです。
一般的なシャンプーには界面活性剤やシリコンといった強い洗浄力を使用している場合が多いです。
このような強い洗浄力の特徴として、洗髪感を感じさせる泡立ちがよくなる成分が含まれています。
そのため髪を洗っていると泡がたくさん出てきます。

しかし育毛シャンプーの場合は、アミノ酸系などの頭皮に優しい洗浄力を使用しています。
アミノ酸系の洗浄力は、泡立ちがいい成分が含まれていないため、髪を洗っていても泡がたつことがありません。
そのため本当に洗えているのかと心配にある人が多いです。
泡立つまで頭皮をごしごしと泡いすぎてしまったり、必要以上のシャンプー量を使用する人が多いです。
必要以上の量を使用すると、頭皮にシャンプーが残りやすくなってしまいます。
また頭皮を強く刺激すると、傷を付けるなど逆効果になります。
育毛シャンプーの場合、ほとんどが泡立ちが少ないものという認識のもと使用しましょう。

育毛シャンプーを使用して洗う場合は、指の腹の部分を使用して頭皮をマッサージするように揉み洗いしましょう。
そしてしっかりすすぎを行い、シャンプーの成分をしっかり洗い流すようにしましょう。

またメーカーによっては、シャンプーを泡だてた後そのまま数分おき泡パックをする場合もあります。
各メーカーによって特徴が異なるため、使用方法をしっかり読んでから正しい使用方法を守りましょう。

このページの先頭へ