使用頻度

頭皮湿疹と育毛シャンプーの関係

薄毛に悩んでいる人のほとんどが頭皮に何かしらのトラブルを抱えています。
人によってトラブルは異なりますが、頭皮がとてもデリケートな状態になっています。
頭皮のトラブルは、髪の成長の妨げになってしまいます。

頭皮の環境は、畑の土の状態とよく似ています。
畑に植えた農作物は、土の栄養素がたくさん含まれていることで大きく成長します。
土の環境が整っているからこそ、いい農作物が育ちます。

髪の毛にとって、頭皮が土と同じような役割になっています。
頭皮の環境が整っていれば、十分な栄養素を吸収できて髪の成長を促してくれます。
しかし頭皮に何かしらのトラブルを抱えてしまうと、髪が十分成長することなく抜け毛へと変わってしまいます。

そんな頭皮のトラブルで多いのが、頭皮湿疹です。
頭皮湿疹には、アトピー性や接触性などがあり、最も多く当てはまるのが脂漏性湿疹です。
脂漏性湿疹とは、頭皮に余分は皮脂が蓄積してしまった状態が続くことです。
これによって頭皮がべたつき、炎症を起こしてしまい湿疹ができてしまいます。

頭皮の皮脂の過剰な分泌は、シャンプーの洗浄力と大きく関係しています。
頭皮は外からのダメージを少しでも抑えるために、薄い皮脂で守られています。
頭皮を洗う際に界面活性剤やシリコンなどの強い洗浄力の場合、必要な皮脂まで洗い流してしまいます
すると皮脂不足を感じた脳が男性ホルモンを過剰に分泌して頭皮の皮脂の分泌を活発にさせます。
これによって頭皮の皮脂がどんどん蓄積して脂漏性湿疹を生み出してしまいます。

脂漏性湿疹を悪化させないためには、皮脂の分泌を正常化させることが大事です。
それに効果的なものとして、アミノ酸系の洗浄力を使用した育毛シャンプーがお勧めです。
アミノ酸系は刺激が少なく頭皮に優しいのが特徴です。
さらに頭皮に必要な皮脂は残しつつ、髪や皮脂汚れなどはしっかり洗い流してくれます。
なので頭皮の環境の改善にとても効果的です。
育毛シャンプーを使用して、頭皮湿疹の改善http://www.tamalefoodie.com/seijyouka.htmlをすることで薄毛改善にも効果が期待できます。

このページの先頭へ