使用頻度

育毛シャンプーの成分に関して

最近では、育毛シャンプーを取り入れる人も多くなり、多種多様な商品が販売されています。
商品数多くなるとどれも同じなのではと思いがちです。
しかし需要が高くなると、粗悪品などもでてきてしなうのが現状です。
そのため商品を選ぶ際には、しっかり成分表示を確認したうえで育毛シャンプーを選ばなくてはいけません。

シャンプーは毎日使用する必需品です。
そして一日の頭皮の汚れを落とすために重要な役割をしています。
毎日頭皮に触れて使用するものだからこそ、頭皮に優しいものや安全性が高いものを選ばなくてはいけません。
そこで育毛シャンプーの成分を確認する際にどのような点で注意が必要でしょうか。

まずどのような洗浄成分を使用しているかという点です。
シャンプーの洗浄成分には、アルコール系、石鹸系、アミノ酸系に分かれます。
アルコール系の洗浄には界面活性剤などが使用されていることが多いです。
界面活性剤はコストが低く、強い洗浄力があるのが特徴です。
一般的なシャンプーでよく使用されていますが、肌への刺激が強く薄毛の人には注意が必要です。

石鹸系は強い洗浄力を持ちつつ低刺激なのが特徴ですが、髪のごわつきが出てしまいます。
これらの洗浄力の中でも、アミノ酸系の洗浄力は低刺激で、頭皮に必要な皮脂はしっかり残してくれます。
頭皮の皮脂は、紫外線や直接地肌に汚れが付着するのを防ぐ役割があるため、一定の皮脂は残さなければいけません。
アミノ酸は頭皮の環境を整えるためには一番効果的だといえます。

そのほかの成分として、髪の成長に効果的な成分が含まれているかどうかです。
薄毛の人は髪の成長期が短くなり、成長途中で抜けてしまっているケースが多いです。
頭皮の環境が悪く栄養が行き届いていないことも原因の一つですが、栄養不足の場合もあります。
髪の成長には豊富なアミノ酸やビタミンEなどのビタミン類が必要です。
天然成分で配合されているものを選ぶとより、頭皮に優しく有効成分を取り入れることができます。

このページの先頭へ