使用頻度

AGA治療と育毛シャンプーの関係

男性の外見の悩みの一つに、薄毛の問題があります。
薄毛というと中年層から高齢層になると徐々に発症する現象だと思っている人が多いでしょう。
実際中年層以上の男性で薄毛になっている人はとても多いです。
また最近では若い人も薄毛に悩む人が増えていて、男性すべての人の悩みとなっています。

育毛シャンプーや育毛剤などの商品説明を見ていると、よく見かける用語にAGAという単語があります。
AGAとはどのような症状のことを指すのでしょうか?

薄毛には様々な理由がありますが、中でも最も多いのがAGAといわれています。
AGAとは男性型脱毛症のことを指しています。
AGAの場合は、早ければ成人すぎごろから症状が発生し、年齢を重ねるごとにどんどん進行してしまいます。
薄毛になる場所にも特徴があり、頭頂部や生え際のどちらかか、両方同時に進行していきます。

そんな男性型脱毛症のAGA治療に効果的な方法の一つに育毛シャンプーがあります。
AGAになってしまう原因として男性ホルモンの過剰分泌があげられます。
一般的なシャンプーを使用すると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
すると皮脂不足を感じた頭皮がどんどん男性ホルモンを分泌させて、頭皮の皮脂が増えていきます。
皮脂が増えてしまうことで毛穴のつまりや抜け毛がおきやすくAGAが進行してしまいます。

育毛シャンプーは、アミノ酸系の洗浄力を使用しているのが特徴です。
アミノ酸系の洗浄力は、頭皮に必要な皮脂を残しつつ、頭皮の汚れはしっかり落として清潔感を保ってくれます。
そのため頭皮の皮脂不足を抑えて、男性ホルモンの過剰な分泌を抑えてくれます。

AGAの進行が早い人は、専門の医療機関で治療している人もいます。
治療の効果をあげるためにも頭皮の環境を整えることは重要です。
医師と相談したうえで自分の頭皮に合った育毛シャンプーを見つけましょう。
一般的なシャンプーを使用している人の中には、育毛シャンプーに変えただけで効果を実感する人もいます。

このページの先頭へ